トリキバイト部TOP > バイト部員紹介

部員(センパイ)紹介

トリキバイト歴:1年半 ホール
斎藤さん(トリキバイト歴:1年半)
鳥貴族の好きなメニュー
ふんわり山芋の鉄板焼き
バイトでの特技
盛り付けセンスあり

場をまとめる
チカラがついた!

バイトをはじめたきっかけは、家の近くに鳥貴族があったから。店の外まで楽しそうな雰囲気があふれていて、前を通るたびに入りたくても当時19歳だった私は客として入店できなかった。そこでバイトスタッフになることを決意。店に入ることができたことが嬉しくて「鳥貴族でバイトしてる」と友達にも言いまくりました。鳥貴族で働いて、いちばん成長できたのは人との接し方。言葉遣いはもちろん、相手が求めていることを事前に察知する能力がついたと思います。全力で働く仲間が集まっているから、気兼ねなく本音をさらけ出せる。常に本気で向き合うことができる。全員が同じ状態だから、自然に相手をより深く考えられるようになったのだと思います。今では仲間のことなら何を考えているか、どうして欲しいのか一目見ればわかります!

トリキバイト歴:2年8か月 ホール
石田さん(トリキバイト歴:2年8か月)
鳥貴族の好きなメニュー
せせり
バイトでの特技
冷やしトマトのスライスの綺麗さ

何でも話せる
親友ができた!

以前の僕はどこか冷めた目で場を見てしまうクセがあり、少しとっつきにくいイメージがあったかもしれません。でも本当の僕は、夢中で取り組めることを求める葛藤を心の中に抱いていました。鳥貴族でバイトを始めたのも、最初は近所で深夜まで働けるというのが理由でした。ただ、店の店長が人間の本質を見抜いてくれる人だったことが、バイトを夢中なものに変えてくれました。僕の負けず嫌いな性格を察した店長は「焼き鳥をどちらがおいしく焼けるか」の勝負を挑んできたのです。「負けてたまるか」と闘志に火がついた僕は、焼き鳥の焼き方を徹底的に勉強しました。他のスタッフにコツを聞いたり、早く店に来て練習するうちに、店の全員と本音で話し合える仲になれていました。今ではプライベートでも飲みに行ったりと、おもしろくて良い人が多い環境に出会えて本当によかったと思っています。

トリキバイト歴:1年8か月 キッチン
鈴木さん(トリキバイト歴:1年8か月)
鳥貴族の好きなメニュー
ふんわり山芋の鉄板焼き
バイトでの特技
やたら元気な掛け声!!

魅力的な人間に
変われた!

バイト先を探していた時に、家の近くで深夜まで開いているのが鳥貴族だったことが働きはじめたきっかけです。当初はお金を稼ぐことだけしか考えていませんでした。しかし、常に本気で活気に満ち溢れて働くスタッフたちを見て、真剣に打ち込むのも楽しいかなと思うようになりました。ホールで働きはじめて驚いたのは、たくさんのお客様と接する中で、いろんな考え方や価値、知識をもった人がいること。自分の考えと異なる対応に戸惑ってしまうこともありましたが、もっと自分の器を広げる必要があると感じるようになりました。仕事の悩みは一人で抱え込まずに相談する、お客様にはどんなことでも親身になる。そう心がけて仕事に取り組むうちに、どんな時でも笑顔でいれる精神力が身につきました。ストレスは仲間と話して笑い飛ばせる、明るい自分になれたと思います。

トリキバイト歴:7年 串打ち
一色さん(トリキバイト歴:7年)
鳥貴族の好きなメニュー
なんこつ唐揚げ・冷やしトマト
バイトでの特技
貴族焼きを誰よりも美しく、
早く刺すことが出来ること

鳥貴族の品質を
もっと高めたい!

もともと鳥貴族の常連客だった私。スタッフの笑顔が本当に素敵で、食べるの半分、癒されるの半分みたいな感覚で通っていました。そんな時にふと、求人広告を目にして「私もこんな楽しそうな環境で働いてみたいな」と応募しました。飲食店で働いた経験も知識もなく無事に働けるか心配でしたが、周りの人たちがとても親身に教えてくれました。串打ちって、実はとてもセンスが問われる仕事です。肉厚が均等でなければ、焼き加減がバラついてしまう。慎重に刺さないと、ひっくり返して焼くときに鶏肉が回転してしまう。キッチンスタッフにどうすれば焼きやすいかを聞くなど、日々工夫しながら鶏肉と向き合っています。仕事でいちばん嬉しかったことは「一色さんの鶏肉は焼きやすい」と言ってもらえたこと。私が串打ちした焼き鳥を食べるお客様の笑顔を見ることが、今の私の癒しです。